ぎっくり腰

「う・・・動けない。」ある日突然来る、あの痛み。

ぎっくり腰とは急性腰痛症であり、きゅうに立てないほどの痛みに襲われるのが特徴的です。
ふとした瞬間に、

例えば重い荷物を持った時、

体をひねった時などに

腰に急激な負担がかかり

急激な激しい痛みとともにぎっくり腰が出現します。

原因とメカニズム

ぎっくり腰の多くの原因を簡単に説明すると、腰の筋肉事態に炎症がおき、なるものです。わかりやすく説明すると、寝違えを想像してください。寝違えは寝ている間に首の筋肉に負荷がかかり、首に急激な痛みが発生します。それと同様の状態が腰におきたのがぎっくり腰です。当然、首よりも腰の方が筋肉も大きいので痛みも奪われる体の自由も大きいです。

 

勘違いしがちなことですが、ぎっくり腰といのは、そういうなまえの病気ではなく、症状のひとつです。

 

施術方法

ひとことでぎっくり腰といっても、症状や原因は人それぞれです。

関節包に問題がある場合は整体を

筋肉【特に大腰筋】に問題がある場合は鍼灸・マッサージを

それプラス理学療法を交えて個々の症状にあった施術をおこなっていきます。

 

ぎっくり腰の原因になりやすい事

重いものをもった時

身体を捻ったとき

太りすぎ

身体がかたい